ゆるゆる

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ミシン選びの基準

ミシン2


この時)ミシンを買ったのを書きました。
まだ幼稚園の準備物を作ってる最中です・・・^^;
むむ。なかなか終わりません・・。
それでも母の力を借りて・・というか任せきって巾着類、座布団カバーは完成しました。
残るは持ち物に名前を書いたり目印になるワッペンをつけていったりの作業。

ちなみにまだ1つも出来ていませーん(涙)


さて、
本題ですが。

私は学生の時にさわったミシンが最後、さっぱりミシンについての知識がありません。
そこで
いろいろなサイトを読んで自分なりに買う基準なるものを決めました。
その基準とは、
 ・使いやすいこと
 ・コンピューターミシンであること(自分で糸調子とかって出来ないだろうと・・涙)
 ・大きくてどっしりしたミシン。(コンパクトなのは軽くて机が狭く安定しない。初心者には不向きらしい)
 ・自動糸通しあり。針に糸をいれるのは相当苦戦するかなと・・・ ・候補、ブラザー・ジャノメ
 ・耐久性
 ・コードが巻き取り式であること。

↑こんな感じ。


で。
悩んで悩んでブラザーSL700・ジャノメJP510に絞りました。
使いやすさではブラザー。耐久性ではジャノメ。
結局決められずお店に電話。

相談窓口が込み合ってて順番まちでしたが
とても親切な対応で向こうから折り返し連絡をしてきてくれました。

そこで
どんな機能を望んでるのか、どのメーカー(機種)が気になっているのかを聞かれジャノメ・ブラザーについて質問。
お互いの長所・短所を聞き新たに出てきたシンガーというミシン。

耐久性は必須だけれど・・使いやすくなくてはミシン離れが心配!
同じような値段のもので比べると、シンガーもお勧めという。
ざっくり書くと・・・
  ■使いやすさ■         ■丈夫さ■
   1,ブラザー          1,蛇の目
   2,シンガー          2,シンガー 
   3,蛇の目           3,ブラザー  


●ブラザー
 初心者向けで使いやすい。
●蛇の目
 耐久性あり。定期的ノーメンテナンス。(自動糸切りの機能もなくシンプル設計。針の劣化、交換の必要なし。)
●シンガー
 ブラザーより丈夫で、蛇の目より操作が簡単。
 糸調子が良い
 音が静か



お互いの良いところを兼ね揃えたシンガーミシン。(SC200・SC207)
候補に仲間入りです。笑

(悩・・)
新たに候補にあがったシンガーのミシンについても調べてみました。
すると、
シンガーミシン。
 私はあまり聞いたことがなかったけど、おそらく世界で一番古いミシンのメーカー。(日本では浅いがアメリカ・海外等では有名とか・・)
これから先もまず潰れることはないだろうと。


悩んだ末
どれも良いミシンだと。
このくらいの値段で同等クラスのミシンだとそこまでの差はなく安心して選んでよさそう。

なので、
最後は見た目で選びました。笑

参考にしたサイト↓
ミシン比較(買う基準)
ミシンの選び方ガイド
シンガー(モナミヌウプラスSC200)について
シンガーミシンの比較

ミシンについてまだ続きます・・
興味ある方がいましたら・・ポチッとクリック頂けると嬉しいです^^;
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ   人気ブログランキングへ   



スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。