ゆるゆる

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんの名づけ

今日はの紹介を・・


夏に産まれてくる赤ちゃんの名前を考えているのですが・・

二人目の男の子となると、なかなか決まりません。
ちびたんの名前の時に、かなり悩みに悩んで決めて一つにしぼったので・・今回は本当に浮かびません・・。(苦笑

てっきり、次は女の子とばかり思っていたので(笑)


で、



そろそろヶ月がくる今になっても未だ・・悩んでいるので、参考になるものはないか。。
名づけの本をたくさん見ています。




で、



いろいろ読んだ中で結構たってるなぁ~っと思う相性の調べ方が載っていたので紹介を
  本

この本です



どんな相性診断かというと・・・

宮沢式名づけというもので、古代中国から伝わる『陰陽五行説』を見るものです。
『陰陽五行説』とは、宇宙や人生のすべてを、(もく)・(か)・(ど)・(ごん)・(すい)の5つに分けて説明する方法で、名前をつくる五十音も5つのグループに分けられています。
この『陰陽五行説』を名づけに使うことで、家族ひとりひとりがお互いの持ち味をうまく発揮できる、仲の良い家庭を築くことができるそうです。

ちゃんの名前を考えているときに、何も決まってない状態だと赤ちゃんの最初の音のグループを探せれ、候補グループの名前を絞り込むことができます。




宮沢式『五行』のチェック法はこちら↓です
本2
(主婦の友ベストBOOKS)最新版 男の子の幸せ名づけの本の中身を載せています。
写真ではわかりにくいですので、気になる方は本屋さんで探して見てください。。



で、この図の見方ですが、
後ろの人が前の人をサポートするようなので、我が家の場合だと・・・

私と旦那さんが同じ【土】で、ちびたんが【火】なので
ちびたんが、私と旦那さんをサポートしていることになるようです。
(両親が同じ音のグループに属する場合は、時計回りで次のグループを選ぶと、両親(気の合う同士)ですから、両親の愛情をたっぷりうけることができるそうですが・・・)

我が家の場合にサポートしてもらう形になってました(笑)


今の段階では・・
まだまだ、私たちがサポートしているような感じですが(笑)近い将来は期待できるかも・・です(笑♪)





両親それぞれのグループが離れている場合は、
  両親の間に位置するグループを選ぶと、お互いに分かり合えない部分のある両親の中を子供が取り持ってくれるので家族関係がよくなる。など次のページに見方が書いてあります。





実家の家族構成であてはめてみると・・・
すご~く当たってる感じがして面白いです。
興味のある方は・・この図に当てはめて見てみるのも面白いですよ。


実家の母に、この本を教えると・・
まるで、心理テストをしているかのように『たってる~』と言いながら・・思いつく人の名前を当てはめては『そうそう。あの人の方がサポートしてた。』とか私以上に盛り上がっていました。(苦笑)



でも、、母と同様に・・(
私も、かなり当たっていると思ったので(笑)赤ちゃんの名前の頭の字は、これで決まりそうです。(単純・・)



この本です




訪問ありがとうございます
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tanntanu.blog11.fc2.com/tb.php/178-55193f44
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。