ゆるゆる

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部鉄器のフライパン

この前の続きで、、
南部鉄器のフライパンの使い心地を。

鉄のフライパンにしてからよく聞かれます。
「鉄のフライパンってげない?」「すごく油を使うんでしょ?」「手入れは?」・・・・・とか。


私も買うまではその事が一番気になる点でもありましたが・・
使い始めてみると手入れも簡単。焦げて料理をダメにしたことも無し。油がなじんできてるので錆びないようにの手入れもいっさいしてません。フライパン自体が黒光りしてます

それに・・・
も一緒に買って正解でした。
肉・魚・目玉焼き・大学芋などをするときも必ず使ってます。水をいっさい入れてないのに蓋を開けるとビックリ★蒸し焼きしたような感じで食材からがでるので焦げることも無し。

お肉を入れて少し強火で焼き色をつけ、蓋をして弱火で数分↓するとこんな感じ
肉
私は柔らかいのが好きなのでこのままお皿に盛りますが、表面をカリッとさせたい時は蓋を取って強火で少し焼くと美味しくなりそう。

こんな感じで私の使い方では、
蓋をしてる時間のほうが多いので油の飛び散りも少ない方なのかな。


しっかり中まで火が通ってるのに柔らかー
ジューシな感じが写真ではわかりにくいですがホント肉汁たっぷりジューシー
肉2


お肉を取ったあとのフライパン。焦げてないのわかります?
フライパン


フライパンがまだ熱いうちにササラを使って洗い、火にかけ水気をとばして片づけも終了。
フライパン2



鉄のフライパンは洗い方を守るだけで、使い込むほど扱いやすいフライパンになると思います。

洗剤を使わず洗うという事に抵抗があったのは最初だけ。今では当たり前・・・というか常識でしょ~みたいな(笑)使うほど、フライパンに油がなじんでいくのがわかります。
衛生面を気にする人もいるかもしれませんが、火にかけた時のフライパンの熱さで何もかも殺菌されると思っています。(笑・・)


過去記事『一生物のフライパン
過去記事『鉄フライパンの使い心地

気になる方は是非一度お試しを。南部鉄器サイコー☆
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tanntanu.blog11.fc2.com/tb.php/216-961e1b6a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。