ゆるゆる

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然に・・。

車

いつもと変わらない光景のリビング。
 


今日の2時半頃
遊んでる最中に突然。ちびたんの顔の表情がなくなり・・・歩き方もおかしく。倒れこみ

それに
かすかに震え、吐き気がある様子。熱は36,9。
みるみる顔色が白から・・青白く変わっていき、体の力が抜け動かなくなり、意識が遠くなるように眠そうに目を閉じだし。


私は、
さっきまで一緒にボールで遊んでいたちびたんの急変ぶりに戸惑い慌てて旦那さんに連絡。
その後、すぐに救急車をと思い電話をかけたら間違えて110番にかけてしまい・・。

ちびたんに何が起こってるのか・・もう訳の分からない状況に泣きそうになりながらも
119番にかけなおし「住所を教えてください。」と言われても動転して住所の番地が思い出せない。

慌てて郵便物を探しだし、住所を伝え10分もしないうちに救急車が到着。


その時ようやくちびたんが少し話ができる状態に。
その後病院でCT検査。


平熱だった熱もその頃39度にまであがっていました。
急激に熱が上がったせいでのけいれんかな?と薬を処方され。1時間ほど病院で様子をみてもらい自宅に帰って来ることができました。

今もまだ熱が39度あり意識もボーっとしてほとんど動けれない状態です。

また様子がおかしくなったら・・・・・っと思うとこわい
今は旦那さんが側にいてくれるけど明日は私だけ。不安。
 

早く元通りのちびたんに戻って。うるさくてもやっぱり元気なちびたんじゃなきゃダメだよー





スポンサーサイト

-6 Comments

ZOO says..."No title"
こんにちは。通りすがりの読者です。少し落ち着きましたか?
私も息子が小さいころ、突然、原因不明でぐったりして、救急車を呼んだことを思い出しました。
心臓がバクバク、言葉も震えて、住所が言えなかった。
息子は今はすっかりわんぱくな小学生です。。
今や、強すぎる母になってしまった私ですが、ママの愛を感じる文章で、なんだかあったかい気持ちになったのでコメントさせて頂きました。
小さい命のぬくもり、かけがえのないものだと思います。
お大事になさってくださいね。
2011.06.17 09:59 | URL | #- [edit]
omochi says..."No title"
今の様子はどうですか?
びっくりしました。
心配です。。。。

2011.06.17 16:48 | URL | #- [edit]
ちさと says..."No title"
こんにちは! 初めまして。
ちさとと申します、

いつもこっそり拝見させて頂いてました
おこさんのちょっとした異変に気づかれ早急な対処で・・
おこさんのちょっとしたサインにきづかれ・・さすがです。

なにはともあれ 大事に至らなくて本当に良かったです♪
うちも息子が小さい頃(現在、二十歳の息子がいます)同じようなことがあったのを思い出しました

今日はどんな感じでしょう・・
ちびたん・・・元気になりますように。

2011.06.17 17:48 | URL | #- [edit]
ゆるう says..."◆ZOOさんへ◆"
ZOOさんこんばんわ。
訪問・コメントありがとうございます。


ZOOさんのコメントを読んでるとホッと・・また泣きそうになってしまいました。
「小さい命のぬくもり  かけがえのないもの。」
実感しました。

毎日、何事もなく生活出来ている事のありがたさを改めて感じさせられる出来事になりました。

まだ熱が39度以上あり本人はしんどそうですが、会話が出来たり歩けたり。それだけでも今は安心できます。


親って・・
いろんな経験をして強く、そして少しの事では動じないようにどっしりとした存在になっていくんだなと・・
2011.06.17 23:40 | URL | #- [edit]
ゆるう says..."◆omochiさんへ◆"
コメントありがとうございます。

少し前にようやく寝てくれ今はぐっすり眠っています。
まだまだ熱が39度以上と高いけれど・・
意識もしっかりしてるし、高熱が続く風邪を引いた時と同じような感じです。

ただ、
ひきつけ止めを入れてるので(安定剤のようなものらしい)ふらつき等があるので転倒しないようにだけは注意しなければ・・ですが。ひとまず安心です。
フラフラしんどそうな姿を見るのは辛い。早く熱がさがればいいのだけど・・。

心配おかけしました。。
2011.06.17 23:50 | URL | #- [edit]
ゆるう says..."◆ちさとさんへ◆"
ちさとさんはじめまして。
訪問・コメントありがとうございます。


ちさとさんも同じような体験をされたんですね。
子どもってさっきまで元気に騒いでたと思えば急に高熱が出てたりするからビックリします。

でも今回は、
ビックリを通りこえ、恐怖まで感じました。
どうする事もできず本当にこわかった。

迅速に行動したようでも、実際はすごく不安でオロオロしっぱなし。
ただ、
お昼寝から目を覚ました弟が泣き・・救急車が来るまでの間に下の子の面倒をお願いせねばと親に連絡をとったり、お腹が好いた時ように冷凍してあった離乳食の用意をしたりと、救急車がくるまで出来る事はしておかなければと冷静になれたのかもです。
でも、救急隊員の方が来て説明するときには、とりあえずこれでなんとかなるという思いから、声は震え、話す順序もおかしくなったりとさんざんでした。。
2011.06.18 01:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tanntanu.blog11.fc2.com/tb.php/343-70c90569
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。